せどり せどり入門

商品リサーチは しっかり潜ろう!

こんにちは!

 

もりもとら です。

 

みなさんは、キチンと

 

商品リサーチ

 

出来ていますか?

 

今回は、中古ゲームソフトを例に

 

店舗仕入れでも使える小技

 

をお教えします!

 

 

とにかく潜れ!

 

 

商品をリサーチする際に、

 

その商品の最安値

 

だけ確認して諦めていませんか?

 

例えば、店舗に行った際、この商品が3000円で売っていたと仮定します。

 

クリックで拡大します

 

3か月モノレートがこちら

 

クリックで拡大します

 

一見すると、最安値は

 

3000~3500円

 

程度で推移しているように思われます。

 

3000円では仕入れにくい印象がありますね。

 

しかし、Amazonの商品ページを見てみると・・・

 

クリックで拡大します

 

FBA出品者が見当たりません。

 

この記事を書いている時点でのFBA最安値は4280円

(2ページ目でようやく出てきました。)

 

次いで4780円

 

新品価格までのFBA出品者はたったの3人

 

このゲームソフトの売れ行きも考慮すると、

 

FBA最安値4280円は短期間で売れてしまい、

 

すぐに最安値は次点の4780円になる可能性が高いです。

 

「最安値が自己配送3482円なのに、そんなに高くても売れるの?」

 

と、心配する方もいらっしゃるかもしれません。

 

ハッキリ言いましょう。売れます。

 

FBA出品は自己配送の価格より高くても売れることが強み。

 

もりもとら は、ここまでリサーチすると

 

「3000円なら仕入れることができるかもしれない」

 

という印象に変わります。

 

 


 

 

仮に4780円で販売した場合の利益額は、914円(利益率19%)

 

クリックで拡大します

 

PS4は人気ハード。

 

1円でも安くソフトを買いたいと思う購入者は多く存在するので、

 

もりもとら の経験上、新品とほぼ変わらない価格でも中古ソフトが売れます。

 

自分の商品が納品されるまでに他のFBA出品が無くなっている可能性もありますし、

 

仮に、多少値下がりした場合のリスクを考えても

 

十分に仕入れ対象となります。

 


 

 

特に、PS4をはじめとする最新ハード用のゲームソフトは

 

流通量が多いので、自己配送の出品者も多い傾向にあります。

 

一見すると仕入れ難い商品でも、

 

たった1クリック、Amazonの商品ページを確認するだけで、

 

仕入れ対象へと変わる場合もあります。

 

店舗でリサーチしている際は多くの商品を相手にするので

 

少々面倒かもしれませんが、

 

気になった商品は商品ページまでとにかく"潜る"ことが大切です。

 

今回のお話はFBA出品を前提としたものなので、

 

参考にならない方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、"潜る"ことに関しては

 

出品形態に問わず重要なことですので、

 

この行動と判断が出来るだけで、

 

仕入れは大きく変わります。

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

応援よろしくお願い致します。

 

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

-せどり, せどり入門