せどり

【せどり】Amazon刈り取りは禁止?その対策方法とは

こんにちは!

 

もりもとら です。

 

 

今日は

 

Amazon刈り取り

 

についてお話したいと思います。

 

 

Amazon刈り取りは続けるべき

 

Amazonに出品されている商品を

 

Amazonで転売する、

 

いわゆる「Amazon刈り取り」

 

規約違反となってしまいましたね。

詳しくは この記事 から。

 

 

Amazon刈り取りをメインとしている

 

せどらーも少なくはなかったので、

 

大きなニュースとなりました。

 

 

規制対象は「新品」だけ

 

とはいうものの、

 

規約変更の対象となっているのは

 

コンディション「新品」だけ。

 

 

「中古」として扱ってしまえば

 

どうとでもなるんです。

詳しくは この記事 から。

 

 

もりもとら も先日、

 

価格改定をしている最中に

 

こんな商品を見つけてしまいました。

 

 

これは、とあるゲームソフトです。

 

モノレートはこちら。

 

 

もりもとら と同じ手法を使って

 

「未開封品」

 

「ほぼ新品」として出品していますが

 

価格設定が甘かったようですね(笑)

 

 

どうしても「新品」として売りたい

 

そんな商品も時にはあると思います。

 

 

よく考えてみましょう。

 

「Amazon」で刈り取った商品を

 

「Amazon」で転売してはいけない。

 

のであって、

 

売る場所を変えてしまえば

 

全く問題ないんです。

 

 

Amazon以外にも、

 

 

 

「メルカリ」「ヤフオク」

 

など、販路は探せばいくらでもあります。

 

 

Amazon以外の販路だけで

 

しっかりと稼いでいるせどらーも

 

たくさんいますしね。

 

 

まとめ

 

「Amazon刈り取り」

 

規約変更によって、

 

手法そのものが危ぶまれています。

 

 

しかし

 

規約が変わったから諦める

 

という選択肢は、

 

はっきり言って「逃げ」です。

 

 

「新品」として売れないのであれば

 

売り方を工夫すれば良いし、

 

Amazonで販売出来ないのであれば

 

Amazon以外で売れば良いんです。

 

 

せどりでしっかりと稼いで

 

長く続けていきたいのであれば

 

常に「稼ぐ」ための視野を

 

広くもって行動しましょう。

 


 

 

LINE@では、

 

中古せどり・新品せどりを問わず

 

あなたがもっと稼げるようになる情報を

 

無料で日々発信しています。

 

気になった方は是非友だち追加してくださいね。
友だち追加

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

応援よろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

-せどり