せどり せどり入門 ツール

せどりにバーコードリーダーは必須ではない

2017/10/17

どうもこんにちは、もりもとらです

 

 

 

せどりに必要なものを調べると実に色々なものが出てきます

その中の一つにバーコードリーダーがあります

 

3

検索するとよく出てくるのが

KDC200(左)

MS910(右)

だと思います

せどりをはじめた当初は教えてもらった人から

バーコードリーダーは必須だよ

と言われたのでKDC200を購入したのですが、実際にせどりを行っていくうえで

せどりにバーコードリーダーは必須ではない

と思ったのでそのことについて書いていきたいと思います

 

 

バーコードリーダの役目は?

 

バーコードリーダーはスマートフォンとBluetoothで接続し商品のバーコードを読み取り転写するために使います

そうすることで商品のコードを「せどりすと」、「セドリスカウター」などに手打ちすることなく商品の検索が可能となります

手で打つとコード自体が長いこともあり一時間では大した量を検索できませんが、

バーコードリーダーを使うと何百からうまい人だと1000個以上もの商品を1時間で検索できるようになります

 

動画を見ていただければ分かると思いますが、本の裏のバーコードにビームを当てるだけで

スマフォに文字が転写されているのが分かると思います

 

せどりに於いてリサーチ数というのは筋トレみたいなものです

リサーチした数は裏切りません

そのリサーチにかける時間を短縮してくれるバーコードリーダーはせどりに必須だと皆が言うわけです

 

 

 

バーコードリーダーは本当にせどりに必須なのか?

 

先ほど

リサーチ数の大切さ

そのリサーチにかける時間を短縮してくれるというバーコードリーダーの大切さ

についてお話ししました

ここまで聞くと

バーコードリーダーはせどりに必須である

と思うでしょう

実際バーコードリーダーは道具の一つであり、ないよりあったほうが絶対に良いことは確かです

もりもとら も、せどりを始めたときはKDC200を購入しました

しかし、初心者にバーコードリーダーをお勧めするかと言うと僕は絶対にしません

何故なら

バーコードリーダーのサーチは商品を覚えられない

からです

 

バーコードリーダーのサーチは身につかない

 

確かにバーコードリーダーは商品サーチの時間を短縮してくれます

商品のバーコードにビームを当てるだけなのでとても簡単です

でも、バーコードリーダーのサーチは商品を手に取って背面のバーコードに当てるだけの単純作業なので

商品を覚えられない

という問題があります

 

やってみたことがある人は分かると思いますが、商品を手に取って裏面にビーム当てるだけなので

商品のパッケージを見ないんです

ということは商品知識がつかないんです

一昔前なら棚に抜ける商品がたくさんあったので、ビームを当てる速度が速い人が利益を出せていました

しかし、今は棚で利益が出る商品は僅かです

どれだけ一目で商品を見抜けるか

その技術がある人が利益をたくさん出せるわけです

 

しかし、バーコードリーダーのサーチは速度が速くなるだけで基礎力がつきません

だから、もりもとら は初心者の方にはバーコードリーダをお勧めしないわけです

 

商品を覚えるにはフリマアプリが一番よい

 

これは持論ですが

メルカリやヤフオクで一個一個商品を検索したほうが商品を覚えます

パッケージも見ますし、自宅で出来るから検索も苦になりません。

後、Wikipediaなど他のサイトも同時に見ることが容易なので

「ロックマンXのシリーズは8が特に高い」

などといったようにシリーズで商品を覚えることも可能です

そのため、知識の整理にも有効です

しかも、メルカリやヤフオクは有名な商品のほうが頻繁に取引が行われるので効率よく知識がつきます

そして、ある程度電脳で見ただけで商品を購入できるようになったら店舗に行って自分の知識を整理してけばいいんです

その時はある程度知識がついており、情報への取捨選択の力がついてるのでサーチの回数自体を減らすことが出来ます

そして、分からない商品があったときにバーコードリーダーがあれば時間の短縮になるわけです

その時初めてバーコードリーダーを有効に使えるので、そうなったらバーコードリーダーを買っても良いと思います

 

 

 

せどりを本格的にやっていく人は購入するべき

 

しかし、将来的にせどりを本格的にやりたい人は絶対に購入すべきです

ある程度商品知識が身についてくるとサーチ数が実力に直結するときがやってきます

一回のサーチで短縮できる時間は僅かですが、それを何万回も繰り返すと莫大な時間になります

莫大な時間と数万の設備投資なら比べるべくもありませんね

 

要するに設備投資は自分の実力に見合ったものが良いということです

そして、何度もこのブログで書いていますが最初のうちに一番費やすものはお金ではなく時間です

コツコツとやっていくのが一番大事です

 

 

また、バーコードリーダーを必要がないと書くのはバーコードリーダーが初心者の参入障壁になると考えているからです

せどりをやろうと考えている人にとっては、初期投資は少ないほうがやり易いです

特に、バーコードリーダーに使えるお金があるならそれは投資に回した方が最初はよっぽどいいです

その内、数万と時間を比べたときに時間の方が大切になるときがやってきます

それまでは電脳や手打ちなどでしっかりと知識を蓄えていきましょう

 

これで記事は終わりです

読んでいただきありがとうございました

応援お願い致します
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

 

 

-せどり, せどり入門, ツール