せどり せどり入門

評価依頼メールは必須である

2017/10/17

どうもこんにちは、もりもとらです。

今回は評価依頼メールについて書きたいと思います。

皆さんはFBAを使っている人がほとんどだと思いますが、お客様への商品発送後に評価依頼メールの方は送っていますか?

また、アカウントの評価について気にしていますか?

 

もりもとら はめちゃくちゃ意識しています

昔は評価1がつくたびあたふたしてました。今ではセラーの評価の母体数自体がとても多くなったので一件の評価にそこまで左右されることがないので落ち着いたのですが、あの時の憂鬱な時間は今でも覚えています。

 

中古品主体のセラーは評価が命

皆さんもAmazonで中古品を買ったことがあるなら分かると思うのですが、amazonの出品者ページで最初に見るのって出品者の評価と説明文なんですよね。それを見て、自分の欲しい状態の物を買うわけですが、その時に出品者の評価が悪いと商品を買う気がなくなりますよね。

いくら説明文でいいこと書いてても購入者の評価で

「説明文と全く違う商品が届いた」

とか

「電話をかけても出ない」

とか書かれてると一気に買う気がなくなるわけです。特に商品の状態で差を出してるセラーからしたらお客様に不信感を抱かせてしまう可能性がある評価は敏感にならざるを得ません。

 

評価依頼は母数を増やす効果がある

評価依頼メールというのは簡単に書くと

「商品が本日アマゾンから発送されました。商品文の説明と違いましたら評価の前にご連絡をお願いします。もし、商品にご満足いただけたなら評価の方をしていただけたら幸いです。」

というような内容のメールとなります。要するに

商品の状態に不満があったら評価つける前に連絡してね。もし満足したら評価をよろしく。

という内容です。このメールを送ったからと言ってバンバン評価がつくわけでは決してないです。ただ、メールを送るのと送らないのとでは良い評価のつき方に歴然とした差があります。

凄い重要なんですけど、購入者って商品に満足しても基本的に評価って付けないんですよね。でも、不満があると悪い評価はすぐつきます。

悪い評価がつくのは仕方がないところがあります。人為的なミスもありますし、中には悪戯で評価1をつけてくるところもあります。

だから、悪い評価が付けられても大丈夫なようにセラーの良い評価の母数を多くしなければなりません。評価依頼メールはその母数を増やすために送るものなんですよね。

 

対応策で良い評価をつけてくれる人も

購入者の中には評価依頼メールを見て評価をつける前にこちらに相談してくださる購入者もいらっしゃいます。

「商品の状態が記載と違い返品をお願いしたいのですが、どうしたらよろしいでしょうか?」

など商品状態による返品のお願いや付属品が足りないので送ってほしいなど様々な時がありますが、そういう時は自分は店舗のオーナーなのでしっかりとメールの返信をしましょう。

ここの対応がスムーズにいくと

「商品自体は返品したのですが、その際の対応がとても親切でした。今後も利用する機会があれば利用したいです」

などといったセラーの財産ともなる評価がつく可能性もあります。お客様からのメールには真摯に対応することをお勧めします。

 

サクラは駄目!絶対!

ちなみに、評価のサクラは絶対ダメです。アマゾンは悪意あるレビューや評価のサクラにはとても厳しい対応をします。一発でアカウントが止まるということも珍しくありません。

相互評価をしましょうといったことを言っている人もいますが、その人もアマゾンが厳しい対応をすることを知らない可能性が高いです。その時はやんわりとお断りましょう。Amazonは疑わしきは罰するを方針とする会社です。セラーはそのことに留意し最大限の注意を払い行動しましょう。

ということは評価はお金では解決できない時間がかかる問題なのです。

 

結局送ったほうが得

ここまで評価依頼メールが必要な理由を書きましたが、特に送らない理由はないので送ってない人は明日から送りましょう。送ったことによるマイナスなことは一切ないです。

評価は売った商品の数しかつくことはありません。そして、同じ商品があったときに買われるのは評価が良いほうです。その評価がつく可能性を最大限に高める評価依頼メールをしっかり送るようにしましょう。

 

-せどり, せどり入門