せどり せどり入門

【Amazon】大口or小口、出品するならどっち?違いを徹底比較!

こんにちは!

 

もりもとら です。

 

 

せどり初心者で転売を始めるときは、

Amazonでの物販から始める方が多いと思います。

 

その際、真っ先に迷う壁があります。

 

それは、

販売者登録を大口出品にするか小口出品にするかです。

 

 

結論から言うと、

せどり初心者がAmazon転売で稼いでいくためには

大口出品の方が良いと断言します。

 

 

そうはいっても

最初からたくさんの商品数を扱えるわけじゃないし、

小口出品と違って登録料が月額で決まっている。

 

最初は小口出品の方がいいのでは?

 

初心者の方は色々悩んでいるうちに時間が経過してしまい、

登録が先延ばしになってしまっている方もいるかもしれません。

 

 

そこで今回は、

大口出品をオススメする理由を初心者にわかりやすく

大口出品と小口出品、それぞれの特徴を踏まえて説明していきます!

 

 

大口出品と小口出品の違い

 

 

大口出品と小口出品の違いについては

Amazonの公式サイト内でも説明しています。

(サイトはこちら

 

 

月額料金と手数料の違い

 

小口出品にするか大口出品にするか、

頭を悩ませる大きな要因として月額料金と手数料の違いがあります。

 

 

大口出品として登録をすると

月額4,900円(税抜き)かかります。

 

これは登録すると、販売をしようがしまいが毎月請求されます。

 

販売をしたことがない方にとって、月額4,900円というのは

支払う価値がある金額なのか不安に感じることでしょう。

 

 

一方で、小口出品の方は、月額の登録料は一切かかりません。

 

その代わり、販売している商品がひとつ売れるごとに

手数料として100円かかってしまいます。

 

 

この登録料だけを比べると、

月に50個以上販売しないのであれば元が取れない計算になります。

 

 

新規で商品登録をできるのは大口出品だけ

 

転売を続けていくと、

「これ絶対もっと高く売れるのに…」

という商品に出会います。

 

 

その時にAmazonで商品登録がなかった場合、

・仕入れを諦める

・自分で商品情報を入力して新規出品をする

この二択になります。

 

 

仕入れを諦める場合には支障はありませんが、

新規出品をしようとした場合に

小口出品だと新規の出品として申請することができません。

 

 

目の前に利益が出るとわかっているのに

仕入れができないときほど辛い時はありません。

 

 

オリジナルブランドを販売しようとした場合も同じで

小口出品で販売できるのはすでに販売されている商品のみです。

 

このことを念頭において仕入れをしてください。

 

 

小口出品だとショッピングカートを取ることができない。

 

Amazon転売においてショッピングカートを取ることは

利益に直結する非常に重要なポイントです。

 

「カートを取る」という言葉を聞いたことはあるが

意味はわからないという方のために簡単に説明します。

 

カートが取れている状態は以下の状態です。

 

 

屋号とはあなたのお店の名前のことです。

 

 

カートが取れていることによって購入者が購入ボタンを押した時に

商品の販売権利が自動的にもらえる状態になります。

 

 

もしカートが取れていない場合、

どのようにあなたの商品が購入されるかというと

商品名、価格の下に「新品の出品」と記載されている箇所があります。

 

ここをクリックするとカートを取得していない出品者も含めて

全ての出品者を確認することができます。

 

 

ここから購入されるケースはほとんどありません。

 

Amazonで利益を最短で生み出すためには

このカートを取ることを最優先に考える必要があります。

 

カートは小口出品者だと取得することができません。

 

またカートを取得できる優先順位は以下の通りです。

 

1Amazon本体

2FBA出品者

3自己発送の出品者

 

 

大口出品者は2と3に分けられますが、

2のFBA出品者は、

Amazonが大口出品者に対して展開しているサービスのひとつで

梱包や購入者への発送など、

面倒な作業を代行してくれます。

 

このサービスを利用するかしないかでもカートの取得率が変わっていきます。

 

ちなみに購入者側としてもFBA出品者から購入する方が

即日配達できたり、配送方法を選べるほか、支払い方法の選択肢が増えます。

 

 

 

小口出品の場合、

・クレジットカード

・Amazonギフト券

・Amazonショッピングカード

この3つのみでしか支払いができません。

 

 

 

意外かもしれませんが、

代金引換で購入される方は多く、

代金引換に対応していないという理由だけで購入されないケースもあります。

 

 

ビジネスレポートが見られない

 

 

ビジネスレポートが見れないことは、

Amazon転売ビジネスにおいて絶望的な状態を意味します。

 

PDCAサイクルという言葉をよく聞くと思います。

 

転売ビジネスにおいても非常に重要な考え方で

このサイクルが正しく行えているかどうかを確認することができるのが

ビジネスレポートの役割です。

 

これが確認できないということは

実店舗で販売をしていて、

その日の売り上げを計上しないくらい異様な状態です。

 

 

Amazon転売に限らず、

殆どのビジネスは計画通りに進むことはありませんが、

計画段階で想定していた通りにいく場合も、

想定どおりにいかなかった場合も、

その原因がわかっているのとわからないとではビジネスの流れに大きく影響します。

 

 

ちなみにAmazonのビジネスレポートは、

とても充実しているという利点があり、

商品ごとの以下のような情報が見えます。

 

・売り上げ数

・アクセス数

・訪問者の購入数

 

これらの情報をひとつの表、

データとしてチェックすることができるので、

経営の管理が非常にしやすくなっています。

 

先ほども紹介したとおり、

このビジネスレポートを確認できるのは大口出品のみです。

 

 

Amazonで販売する場合、オススメは大口?小口?

 

一口に大口出品と小口出品と言っても、

たくさんの違いがあり、

機会損失にもつながる大きな選択になります。

 

初心者にありがちな

「最初は販売数も少ないし、月額登録料、手数料が高いから小口出品で…」

というような、安易な考え方をすることです。

 

小口出品にしてしまうと、

せっかく円滑に転売ビジネスが出来るチャンスを逃してしまうことになりかねません。

 

また大口出品にすることで、

カートを取る権利が与えられるため重要なポイントのひとつになります。

 

 

これから転売を始めようとAmazonで登録をするのであれば、

Amazon転売で成功するしないに関わらず、大口出品で登録してください。

 

 

最初は登録料が高く感じ、

なかなか利益が得られない日々が続くかもしれません。

 

ですが、この先半年後、1年後と続いたときに、

小口出品のままAmazon転売を続けていた場合確実に後悔するため

大口出品を強くオススメします。

 

 

まとめ

 

Amazonで転売を始めようか迷っている方にとって

登録料などは非常にネックになってきます。

 

 

ただ、月額の登録料を支払うだけの価値は十分にあるので

自己投資の意味でも必要経費と割り切って大口出品で登録しましょう。

 

根気強くせどりを続けていれば登録料の4,900円なんて

ものの数分で取り返せるだけの実力が身につきます。

 

今後、せどりで稼ぎ続けて生きたいのであれば

選択肢はおのずと決まってくるはずです。

 

 

何度も言いますが、

せどりで稼ぎたいのであれば大口出品で登録をしましょう。

 

もし、

大口出品で一生懸命何ヶ月も努力したのに結果に繋がらない場合は、

方法が間違っているのかもしれません。

 

その場合は、

ぜひ僕に相談してみてくださいね。

 

 

LINE@では、

 

中古せどり・新品せどりを問わず

 

あなたがもっと稼げるようになる情報を

 

リアルタイムで発信しています。

 

気になった方は是非友だち追加してくださいね。
友だち追加

 

せどりに関する悩みや相談もこちらからお願いします。

 

読んでいただきありがとうございました。

 

応援よろしくお願い致します。
にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

-せどり, せどり入門