せどり せどり入門

Amazon出品アカウント作成手順

こんにちは!

もりもとらです!

 

最近、

「せどりを始めたいけど何から取り掛かれば良いかわからない」

というお問い合わせをよくいただくようになりました。

 

確かに、

せどりを始めようと思っていても何もわからず、

「商品を売る」という段階までたどり着くだけでも

かなりの苦労をした思い出があります…

 

そこで、今回を皮切りに

せどり初心者へ向けた記事を公開していこうと思います!

 

まずはじめに今回は、

題名のとおり「Amazonの出品アカウントの作成手順」を詳しく見ていこうと思います。

 

 

大口出品と小口出品

Amazonの出品用アカウントには、

・大口出品

・小口出品

という2つの出品形態があるので、アカウント登録する前にそれぞれの特徴を知っておきましょう。

・大口出品

 

大口出品 小口出品
月額登録料 4,900円

基本成約料

(成約商品1点につき100円)

オリジナル商品の出品
一括出品ツールの利用
注文管理レポートの利用
出品者独自の配送料金とお届け日時指定の設定
購入者へ提供できる決済方法 クレジットカード

Amazonギフト券

コンビニ決済

代金引換

Edy支払い

Amazonショッピングカード

請求書払い(Amazonが認定する法人・個人事業主のお客様のみ)

クレジットカード

Amazonギフト券

Amazonショッピングカード

 

表を見ればわかるとおり、大口と小口でこれだけの違いがあります。

注目してもらいたいのは2点、「月間登録料」と「基本成約料」です。

 

大口出品だと、月々4,900円の利用料金が発生するので、少々割高に感じるかもしれません。

しかし、Amazonには商品が1つ売れるごとに、

「基本成約料」

 

というものが発生します。

これは言わば、仲介手数料のようなもので、出品者がAmazonを利用して、

購入者へ商品を販売したことへの見返りとして発生する料金になります。(1商品ごと100円)

しかし、大口出品であれば、この基本成約料が発生しません。

つまり、1ヶ月で50商品以上売れば元が取れるのです。

 

それに加えて、

・大口出品でなければ利用できないサービス

・大口出品でなければ出品できない商品カテゴリー

があるので、出品用アカウントを作成する際は大口出品をオススメします。

 

また、Amazonでは規約により、1人につき、1個しか出品用アカウントを持つことができないので注意してください。

 

同じ名義で複数の出品用アカウントを所持していると、アカウントの利用停止につながります。

 

今回ご紹介するアカウント作成手順は、この大口出品に登録する前提で紹介します。

それでは早速、アカウントを作成していきましょう。

 

必要なもの

まずは、出品用アカウントを作成する際に必要となるものを用意しましょう。

 

Amazonアカウント(購入用)

出品用アカウントを作成するためには、購入用アカウントにログインする必要があります。既にアカウントをお持ちの方はそのアカウントを、今までAmazonを利用したことの無い方は新規アカウントを作成しましょう。

 

購入者用アカウント自体はメールアドレスさえあれば簡単に作成することができます。

 

電話番号

出品者アカウント作成時に、電話での認証確認を求められます。そのため、キチンと通話ができる電話番号もしくはSMSを受信できる電話番号を用意しましょう。

携帯電話ではなく、固定電話でももちろん問題ありません。

 

クレジットカード

月々4,900円の利用料を支払うためにはクレジットカードが必要です。

しかし、月間登録料は売り上げから優先して差し引かれるため、月々の売り上げが4,900円以上の場合はクレジットカードで支払う必要はありません。が、登録自体は必須です。

 

銀行口座

Amazonでの売上金を受け取るためには銀行口座が必要です。ネットバンクの口座でも問題ありません。

 

出品用アカウントの作成

必要なものが揃ったら、実際に出品用アカウントを作成しましょう。

 

Amazonトップページの上部もしくは下部に、

「Amazonで売る」

という項目があるのでクリックします。

 

 

すると、このようなページへ飛ぶので、

「今すぐ登録する」

をクリックします。

 

 

 

すると、ログインを求められるので、用意していた購入用アカウント情報を入力して、「ログイン」をクリックしましょう。

 

 

 

 

出品者の正式名称もしくは販売業社名を求められるので、

・個人の場合は氏名

・個人事業主の場合は屋号

・法人の場合は登記名

を入力し、契約のチェックボックスにチェックして「次に進む」をクリックしましょう

 

 

すると、「出品者情報の入力」を行うページに飛ぶので、各項目に入力していきます。

 

・店舗名

ここで設定する「店舗名」は実際にAmazonの商品ページに出品社名として表示されるので注意しましょう。

この店舗名は後から自由に変更ができるので、この時点であまり深く考える必要はありません。

 

・住所

店舗の所在地として設定する住所を正しく入力しましょう。

個人の方は自宅住所、事務所などを構えている方はその住所で構いません。

ただし、架空の住所は絶対に使用しないでください

電話番号認証

電話番号による認証を行うので、用意していた電話番号を入力してください。

認証方法ですが、基本的には「SMS」を選択しましょう。

固定電話など、SMSに対応していない番号の場合は電話を選択しましょう。

 

電話番号の入力後、「すぐにSMSを受信する」をクリックすると、入力した電話番号宛に暗証番号が届くので、

そのとおりに暗証番号を入力します。

 

 

 

このように、「認証が正常に完了しました」と表示されると成功です。

続いて、店舗運営責任社名の入力を求められます。

 

 

ここには、あなたの氏名を入力しましょう。

入力後、「次へ」をクリックすると、

・クレジットカード

・銀行口座

の情報をそれぞれ入力するページに飛びます。

 

 

用意していたクレジットカード、銀行口座の情報を入力しましょう。

どちらも、アカウントと同一名義のものを登録することが望ましいです。

 

入力後、「次へ」をクリックすると、

・商品情報の入力

・出品カテゴリの選択

を行うページに順番に飛びますが、どちらのページにも

「スキップする」

という項目があるので、スキップしましょう。

 

最後に「登録完了」という項目があるので、クリックすると、ようやく出品用アカウント完成!

・・・・というわけではありません!

 

ログイン時の「2段階認証」が必須となったため、その認証手段の設定が最後に残っています。

こちらの設定については、当ブログで紹介していますので、こちらも確認してください!

出品用アカウントの○○が「必須」になりますよ!

 

これで、ようやく完了です!お疲れ様でした!

 

今後も、

せどり初心者向けの記事を公開していこうと思っているので、

是非チェックしてください!

 

もちろん、これまで通り

毎月の売上やコンサル生の実績も紹介するので

お見逃しの内容にお願いします!

 

 

何かお困りな事があれば、

 

もりもとら公式LINE@にいつでもご相談ください。

友だち追加

 

せどりに関するお悩みや、ストアの管理で困ったことなど

 

何でもお気軽にどうぞ。

 

必ずお返事します。

 

 

 

読んでいただきありがとうございました。

 

応援よろしくお願い致します。

-せどり, せどり入門